産毛脱毛ってどうなの!?デリケートだからこそ気になる顔・口周りの脱毛のコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

「産毛」は脱毛におけるもっとも重要なポイントの1つであり、これから施術をするのなら特に気にしておきたい部分です。

おそらくたくさんの人が、顔や体に生えてくるこの産毛に悩まされているのではないでしょうか。

適切に毛の処理をしていけるように、こちらで産毛と脱毛の関係を確認してみることがおすすめです。 

目次

産毛って脱毛できるの?

「そもそも産毛って脱毛できるの?」という疑問があるかもしれませんが、その答えは「Yes」となっています。

基本的に他の毛と同じ方法で脱毛できるため、クリニックやサロンに通うことで産毛をなくしていくことができるでしょう。

しかし産毛の脱毛は、通常の長さや濃さを持った毛と比べて難しいといわれています。
それは一般的なクリニックやサロンで行われている、「光脱毛」と「医療レーザー脱毛」の仕組みが原因となっているのです。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛の根元にあるメラニン色素に照射して反応を引き起こし、その結果として脱毛効果を得ます。

つまり元々色素が薄くて細い産毛に対しては、その効果が出にくくなっているのです。

しっかり時間をかけていけば脱毛させることは可能なのですが、多くの人がその前にクリニック通いを止めてしまうので、産毛だけが取り残されてしまうのでしょう。

もし産毛まで完ぺきに脱毛することを考えているのなら、普通の毛が抜けきった後も産毛に対してアプローチをかけていく必要があります。

また施術を行うクリニックやサロンに、産毛まで脱毛したいという希望を伝えておくことも求められるでしょう。 

産毛の脱毛に向いている方法

サロン・クリニックではさまざまな脱毛機器が使われていますが、なかには産毛に対して有効であるものとそうでないものがあります。

産毛を脱毛する際には特に有効な方法をチェックして、積極的に選んでいくことが必要となるでしょう。 

医療レーザーの場合

医療レーザーには主に、

・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー
・アレキサンドライトレーザー

といった種類があります。

クリニックで利用できる医療レーザーの場合は、「ダイオードレーザー」が産毛の脱毛に向いています。

波長を皮膚の奥にある毛根まで届かせることができるので、細くて薄い産毛に対しても効果的なダメージを与えることが可能です。
また比較的痛みが少ないことも特徴となっていて、気軽に利用しやすいのもポイントでしょう。

施術中の痛みが気になって脱毛を躊躇している場合は、まずダイオードレーザーによる産毛の処理から始めてみるのもいいかもしれませんね。

日焼けや色黒の方は、肌の表面を避けて深くにまでレーザーを照射させる「ヤグレーザー」も産毛の処理におすすめされます。主に濃い目の毛に使われる強力なレーザーなので、痛みは強いですが毛根が深くに隠れているVIOなどで重宝されているのです。

しかし基本的には部位を選ばずに利用できるダイオードレーザーの方が、安定して産毛の脱毛に貢献してくれるでしょう。

医療レーザーとして幅広く使われているのは「アレキサンドライトレーザー」ですが、こちらは波長が短くてメラニン色素に効果的な光を照射するものなので、産毛に対してはやや不利だといえます。

他の毛を脱毛する際にアレキサンドライトレーザーを使用していると、そのまま産毛だけが残ってしまうこともあるでしょう。

産毛を重点的に処理するのであれば、アレキサンドライトレーザー以外のものを選択することがおすすめです。 

光脱毛の場合

エステサロンで施術される光脱毛は、医療レーザーに比べるとややパワーで劣ることになります。産毛に対して脱毛効果を得るのにも時間がかかり、それなりの回数をこなす必要が出てくるでしょう。

一方で1回ごとの費用は安く抑えられるので、施術する回数によっては全体の負担が軽くなることもあります。小さい範囲や少量の産毛を処理したい場合には、サロンでの光脱毛も候補に挙がることでしょう。

サロンで産毛の脱毛を行う場合は、

・SHR脱毛
・SSC脱毛
・ハイパースキン脱毛

といった方法が特に効果的とされています。

「SHR脱毛」とは蓄熱式脱毛とも呼ばれ、毛包幹細胞と色素幹細胞に光を与えることでダメージを蓄積していく脱毛方法です。

毛包そのものに直接照射を繰り返すため、金髪や産毛といったメラニン色素の薄い毛にも脱毛効果が期待できます。痛みが少なく日焼けした肌にも優しいので、長期で産毛を脱毛していくときにおすすめです。

「SSC脱毛」は毛の育成を抑えるジェルを塗った後、その上からライトを当てて毛を抑え込む脱毛方法です。

ジェルに含まれている成分が毛穴に対して抑毛効果を与えるため、光から肌へのダメージを最小限に留めることができます。肌トラブルが少なく、さらにジェルによる美肌化も狙えることから、産毛の処理をする際にもおすすめの方法となるでしょう。

「ハイパースキン脱毛」はまだ生えてきていない毛に対してダメージを与えるもので、休止期でも脱毛効果を得ることができます。毛の色素に左右されないので、産毛相手にも有効な手段となるでしょう。

高温による処理を必要としないため肌にもメリットがあり、知らない間に産毛がなくなっていたという結果を生むこともあります。 

顔や口周りの産毛を脱毛するメリット

産毛で特に気になるのは、常に外に向けている顔や口周りの部位ではないでしょうか。こまめに処理をしなければならないことが多く、ちょっとした油断が以外なほど産毛を目立たせてしまうことも。

そのためこれらの部位をエステサロンやクリニックで脱毛することには、大きなメリットがあるといえます。 

顔や口周りの産毛を脱毛するメリット
・肌のツヤが良くなる
・顔が明るく見えるようになる
・化粧の乗りが良くなる
・毛穴が引き締まって目立たなくなる
・産毛を気にするストレスがなくなる
・いちいち脱毛する手間を省ける

特に肌がきれいになっていくことと、産毛に悩まされる機会が減ることは、長期的に見てとてもプラスになることだと思われます。

多少の産毛であっても気になるのなら、しっかり脱毛をした方が色々お得であることがわかりますね。

メリットを理解していると施術を続けるモチベーションも高まるので、この機に産毛を処理することによる利点を確認しておくのもおすすめです。せっかく脱毛をするのであれば、産毛まで処理して上記のようなメリットを体験してみましょう。 

産毛脱毛の注意点

産毛の脱毛を行う際には、いくつかの注意点も確認しておく必要があります。

例えば「増毛化」や「硬毛化」などは、産毛脱毛によるデメリットとして知っておくといいでしょう。

増毛化とは言葉の通り毛が増えてしまう現象のことで、脱毛を目指す人にとっては痛い結果となってしまいます。

脱毛のレーザー光による刺激が影響と考えられますが、詳しい原因はいまだわからないままです。決して高い確率でなるものではないそうですが、1つのリスクとして把握しておきましょう。

硬毛化は毛が太く濃くなってしまう現象をいい、産毛でもそれなりに目立つようになることがあります。こちらもはっきりとした原因はわかっていませんが、産毛脱毛の際には意識しておくべきでしょう。

しかし濃く太くなった産毛は脱毛しやすくなるので、施術を続けることで処理していくことは可能です。硬毛化したとしても気を落とさずに、じっくりと時間をかけて脱毛していくことがコツとなりますね。

クリニックによっては、この増毛化と硬毛化のリスクに対して、補償を行ってくれることもあります。

脱毛によって生じたトラブルを無料で診断、もしくは治療してくれる場所であれば、安心して施術を受けることができるでしょう。いずれにせよ産毛の脱毛をする際には、上記のようなトラブルを考慮してその後の対応方法もチェックしておくことがおすすめです。 

エステ・クリニックの選び方が重要

産毛の脱毛には、肌へのダメージなどさまざまなトラブルがつきものです。高い技術や適切な設備がなければ、余計な負担を体に与えることになるかもしれません。

そのため産毛脱毛の際には、エステ・クリニック選びがとても重要なものとなります。

特に注意しておきたいのが、以下のようなポイントです。

・脱毛の相談にのってくれるか
・産毛についての知識、技術が確認できるか
・万が一のトラブルに対して補償してくれるか

この点をしっかりと守っている場所でなら、安心して産毛の脱毛をお願いできるでしょう。
初めて脱毛を受ける場合、なかなか産毛のことまで言い出しにくくなるかもしれません。

しかし脱毛効果を確実に受け取るためにも、エステ・クリニック側と深く話し合っていくことは必要となります。

そのためにも自分が信頼できる場所であるかどうか、強く意識しながら選択することがおすすめです。 

どの部位があなたを悩ませているのか

産毛は体のいたるところに生えているため、そう簡単にすべてを除去することはできません。特に最初のうちは、ある程度脱毛を行う場所を決めておいた方がスムーズに施術を進められるでしょう。

産毛は普段目立たないものであるため、「本当に脱毛した方がいいのかな?」「気にしすぎなのかな?」と考えることもあるかと思います。

しかし産毛を処理した肌と処理していない肌には大きな差があるので、本当に気になる部位だけでも脱毛することがおすすめです。

そのためにもまずは体のどの部位があなたを悩ませているのか確認してから、脱毛の予約をしてみてください。

例えばあなた自身がよく見てしまう体の部位は、どこになるでしょうか。もしかしたら無意識のうちに、産毛が気になる場所を見てしまっている可能性はあります。ふとしたときに目が止まっている部位に心当たりがあるのなら、そこが産毛脱毛をすべき場所になるかもしれません。

また背中や顔など、普段自分では見えない場所を鏡でチェックしてみるのもポイント。
見えない場所だからこそいざ産毛に注目してみると、思わず脱毛をしてみたくなるということはよくあります。

どの産毛が自分にとっての悩みの種となり得るのかを1つずつ検討してみることが、脱毛をスタートさせる最初の一歩になるでしょう。 

まとめ

産毛の脱毛は、より美しい肌を手に入れるための1つの手段となっています。まずは気になる部分から、少しずつ産毛の脱毛にも手をつけてみてはいかがでしょうか。

「産毛も脱毛できることを知らなかった」という人こそ、この機会に脱毛計画を本格的に考えてみることがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP