医療脱毛の失敗例|知っておきたい後悔しないクリニックの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

キレイになるためにお金をかけて行う医療脱毛で失敗するのは絶対避けたいですよね。失敗した!脱毛の効果がイマイチ……など後悔しないために、事前にできることや納得できるクリニックを選ぶポイントなどを解説していきます。 

目次

医療脱毛なら安心……?

美容外科や皮膚科、クリニックなどで行うことができる医療脱毛。医師や資格を持っているスタッフによる施術での脱毛だからといって、失敗とは無縁というわけではありません。

医療脱毛の施術ミス
思ったような脱毛ができなかった
クリニック選びを失敗した

など、いろいろな失敗がありえます。そこで今回は、快適な医療脱毛でなりたい肌を手に入れるために、医療脱毛を始める前に失敗リスクをチェックしていきましょう! 

医療脱毛で遭遇する失敗

脱毛サロンで行う光脱毛に比べて脱毛効果が高いと言われる医療脱毛ですが、いいことばかりではないようです。 

失敗例①火傷になった

医療脱毛では、特別なレーザーによって毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようにするという方法で脱毛します。

このレーザーがメラニン色素と反応するときには熱が発生するので、毛穴や皮膚が赤くなるのですが、それが失敗したときに皮膚の火傷になってしまうのです。 

失敗例②ムダ毛の硬化や増毛化

医療脱毛だけでなく、光脱毛や家庭用の脱毛器を使った脱毛でもありえるのがムダ毛の硬化や増毛化。

ムダ毛を脱毛しているのに、残っている毛が太く硬くなってしまったり、脱毛していない部分のムダ毛が増えるという症状で、原因はわかっていないと言います。 

失敗例③痛みが強い

昔のマシンに比べると最新のマシンは痛みを軽減するようにできているとは言いますが、それでもやはり痛みが気になる場合もあるようです。

特に痛みに弱い人、また肌が柔らかい部位、ムダ毛が太い部位を脱毛する際には痛みが強いと感じることがありえます。 

失敗例④肌にシミや色素沈着ができた

脱毛をしたばかりの肌はとてもデリケートです。そのため、紫外線ダメージや乾燥によって肌にシミや色素沈着ができる場合があります。

万が一、医療脱毛で肌トラブルが発生したら脱毛を行なっているクリニックで診察をしてもらって治療を進めましょう。 

失敗しない医療脱毛を受けるためのポイント

医療脱毛による失敗を防ぐためには、この3つのポイントをおさえておくと安心です。 

自分に合ったクリニックを選ぶ

安さを重視したい
安全に脱毛したい
痛くない脱毛がいい
キレイで高級感のある店舗に通いたい
スタッフが感じが良い店舗が良い

など、自分の希望に合わせてクリニックを選びましょう。脱毛は一回行って終わり!というものではないので、気持ちよく通えることが大切です。 

事前カウンセリングで不安を解消する

医療脱毛では医師による診察やカウンセリングを受けることができます。その時には、脱毛に対する不安や疑問をしっかりと質問をしておくと、安心して施術を受けることができます。

そうはいっても、緊張して質問できなかったりその場で思いつかなかったりということもあるので、前もって質問をメモしておくと良いですね。 

脱毛した後のケアや生活に気をつける

医療脱毛は施術が終わった後のケアや行動も重要です。 

・肌の赤みやほてりは冷やす
お風呂はシャワーのみにする
日傘などで紫外線を防ぐ
運動は控える
飲酒はNG
肌に優しい化粧水や乳液などで保湿

脱毛をした肌は乾燥していて外部からの刺激に敏感です。いつも使っている化粧品だと刺激が強いと感じたら、敏感肌向けの物を使うなど肌に合わせたスキンケアが必要になります

また、血行がよくなりすぎるとレーザー照射による炎症がおさまらず、いつまでも赤みやほてりが残るという場合があるので、脱毛をした日は静かに過ごすようにしましょう。 

納得できるクリニック選びのチェックポイント

失敗しない医療脱毛でツルツル美肌を手に入れるためには、クリニック選びが何より重要です。 

最新のレーザー機器を使用しているか

医療脱毛では使うレーザー機器によってその効果が大きく変わってきます。 

◆アレキサンドライトレーザー

厚生労働省認定の、日本で初めてクリニックに導入されたレーザー脱毛器ということで、安心感があります。

痛み やや弱め(部位によっては強い痛みあり)
産毛の脱毛 ×
日焼けした肌への脱毛 ×
向いている部位 脇、VIOなど

ムダ毛の「黒」に含まれるメラニンに反応することで脱毛するというこちらのレーザーはシミやソバカス、くすみの改善などにも使用されるので脱毛をしながら美肌効果も期待できると言います。

◆ダイオードレーザー

世界で一番多く使われているマシンもこのダイオードレーザーを搭載していて、日本人の肌にも合うレーザーとして知られています。

痛み 弱め(部位によっては痛みあり)
産毛の脱毛 ○(どんな毛質でもOK)
日焼けした肌への脱毛 ○(多少の日焼けや地黒の人でもOK)
向いている部位 全身脱毛

皮膚を吸引して毛根を近づけてからレーザーを照射するタイプの機器なので、レーザーの出力を抑えて脱毛することができるのがメリット。

出力を抑える分、火傷などの肌トラブルのリスクを抑えることができます。また、広い範囲の施術を行うことができるので、短時間で脱毛が進みます。

YAGレーザー

世界で一番多く使われているマシンもこのダイオードレーザーを搭載していて、日本人の肌にも合うレーザーとして知られています。

痛み 強い
産毛の脱毛 ○(薄いメラニン色素にも反応)
日焼けした肌への脱毛 ○(肌の表面への影響がない)
向いている部位 ワキ、腕など

医療脱毛で使われるレーザー機器の中でもっとも波長が長いレーザーなので、そのほかのレーザー脱毛では抜けなかったという毛根が深いところにあるムダ毛にも効果が期待できます。

また、肌の奥にレーザーが届くことで、肌のターンオーバーをサポートしたりコラーゲンの生成を促すといった美肌の効果も期待できるという嬉しい効果も。 

納得できる料金設定か

昔に比べるとお手頃価格になってきたとはいえ、医療脱毛はやはり高いというイメージがありますね。

自分が脱毛したい部位の価格を比較して、納得できる料金のところを選ぶようにしましょう。中には、ワキは安いけれど他の部位は高いというクリニックや、全身脱毛だとすごく安いけれど個別の部位で脱毛すると高い……などといった場合があるので要注意です。 

解約や返金の制度があるか

医療脱毛は脱毛サロンとは違って「医療行為」にあたるということから、いわゆる「クーリングオフ」は適用しません。

とはいっても、最近はサロンのような定額コースなど様々な支払いプランがあり、途中で解約したい、という人も中にはいます。そんな時に臨機応変に対応してくれるかを事前に確認しておくと安心です。 

口コミでの評判は?

医療脱毛の口コミでは、いいことも悪いことも書いてあります。全てを鵜呑みにするのはダメですが、参考になる情報もあるので契約をする前にチェックしておきたいですね。 

口コミをチェックするポイント
・脱毛の効果や痛み
スタッフの対応、店舗の雰囲気
予約の取りやすさ

まずは脱毛の効果が実感できたのかどうかはしっかりチェックしておきたいところ。人それぞれ感じ方の違う「痛み」についても意見を聞いて見たいですよね。

また、全国にたくさん店舗があるような大手のクリニックだと、店舗によってスタッフの対応や予約の取りやすさは変わってきます。一つの口コミだけを見て判断するのではなく、さまざまな口コミから実際の店舗の様子を知ることができれば、クリニック選びの際に参考になります。 

医療脱毛は事前リサーチが大切!

お医者さんがいる医療脱毛なら大丈夫だろう……と全てお任せにするのではなく、どんな脱毛がいいのか、自分に合うクリニックはどこなのかを事前リサーチしてから臨むのが失敗を防ぐ第一歩です。

納得できる医療脱毛で、ツルツルな憧れ美肌を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP