永久脱毛に失敗したことある?ムダ毛ゼロ肌のためにできる2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

ムダ毛が生えないようにする永久脱毛は医療機関で行うから安心……と思ったら実は失敗することもあるって知っていましたか?

女性はもちろん、男性からも人気がある永久脱毛に関する失敗例を見ていきましょう。知っておきたい「永久脱毛を成功させるために気をつけたいポイント」も合わせてご紹介します。 

目次

永久脱毛で失敗することって多い?

ムダ毛のないきれいな肌になりたい!ムダ毛の処理を繰り返すのはもう嫌!

永久脱毛を行う理由は人それぞれです。でも、誰もが思うのは「失敗しないでツルツルできれいな肌になりたい!」ということではないでしょうか。

今回は、永久脱毛で起こる可能性のある失敗例をチェック、さらに永久脱毛の失敗を防ぐために自分でできることを詳しく解説していきます。 

永久脱毛の失敗例

ムダ毛の悩みをゼロにしたいから永久脱毛するのに、失敗してしまったら悩みが増えてしまいそう……。

クリニックで行う永久脱毛ではどんな失敗がありえるのでしょうか。 

失敗①肌トラブル発生!

永久脱毛は脱毛サロンで受けることができる光脱毛とは違い、医療機関でレーザー脱毛機器を使って行います。

医療機関ということで、医師の診察診断を受けることができるので安心感はありますが、それでも肌トラブルの発生がゼロになるということはありません。 

<火傷>

絶対に無いとは言い切れないのがレーザーによる火傷。

脱毛レーザーは出力が強く高い脱毛効果が期待できます。ただし、パワーが強い分リスクもあるので、肌の状態やムダ毛の状態に合わせて出力を調整して施術が行われます。

しかし、場合によっては火傷のような症状が出ることがあるようです。 

<ムダ毛が太くなったり濃くなった>

脱毛したはずがムダ毛が増えるなんて、信じられませんが特に産毛の脱毛で起こることがあるトラブルなのです。

原因が不明で改善する方法がないこの症状、脱毛をしたクリニックで相談をして対応してもらえる場合が多いようです。 

<肌荒れ>

ムダ毛はなくなったけれど肌が荒れて残念なことに……。

脱毛をした後の肌はほてりや乾燥が起こりやすい状態です。また、外部からの刺激に敏感になっていることもあるので、脱毛後のスキンケアはとても大切です。 

失敗②痛くて続けられない……

脱毛サロンの光脱毛に比べると、痛みが強いと言われるレーザー脱毛。永久脱毛を目指すなら、避けては通れないのがこの痛みです。

最近のレーザー脱毛機器は痛みを軽減するような仕組みが取り入れられていますが、特にVIOやワキ、男性のヒゲなど太い毛の脱毛は痛みが気になることがあるようです。

痛みに弱いタイプの人は、なるべく痛みが感じにくいレーザー脱毛機器を使用しているクリニックを選ぶのがおすすめです。 

失敗③ムダ毛がまだらに残ってる

いくら高性能の器械を使って脱毛をしても、それを扱う人の技術伴っていないと綺麗に脱毛できません。脱毛できている部分とできていない部分がまだらにあるような仕上がりになってしまっては困ります。

とは言え、脱毛はムダ毛の成長のサイクルに合わせながら5回から6回ほど施術を行う必要があります。

脱毛が完了する前に諦めてしまうのはもったいない!脱毛が完了するために必要な施術はきちんと行うのがツルツル肌には欠かせません。 

失敗④予想以上に費用がかかった

高い出力のレーザーを使い、資格を持つスタッフによって施術を行う永久脱毛はもともと脱毛サロンよりは費用が高めです。

また、狭い範囲の脱毛でも太くて濃いムダ毛が密集しているような部位だと、施術の回数が増えてしまう場合があります。

不安な場合には、事前のカウンセリングや施術の際に医師や施術を行ってくれる看護師に質問をしながら脱毛を進めるようにしましょう。

永久脱毛は「一生ムダ毛が生えない」ということではない!

永久脱毛という響きから一度脱毛が完了したらもうムダ毛が生えることはない、と思っている人も少なくありません。でも、実は永久脱毛の定義からすると、それは間違い。 

永久脱毛の定義

日本独自の定義はないので、アメリカで定められている定義を参考にすると、 

・電気脱毛協会→脱毛完了の一ヶ月後の毛の再生率が20%以下である
・政府機関→脱毛の施術を3回行った後、6ヶ月後に毛の2/3以上が減っている

というように、ムダ毛がゼロになるということは言っていないのですが、かと言って脱毛しても無駄だということではありません。

脱毛の方法には光脱毛、レーザー脱毛の他にニードル脱毛という方法がありこちらはかなりの確率で永久に毛が生えないようにできると言われています。ただし、ニードル脱毛は毛穴に絶縁針を入れて電流を流すという方法なので痛みがとても強く、費用がとても高いので、広い範囲の脱毛には不向きかもしれません。

ムダ毛を絶対に二度と生えないようにする!強い意思や継続して行うことができる経済的な余裕などが必要なニードル脱毛ですが、脱毛効果は最強です。

それに対してレーザー脱毛はニードル脱毛にはおよびませんが、毛を作るために必要な毛乳頭を破壊することができるので、かなり効果が高い脱毛ができるので、試してみる価値はあります。 

永久脱毛を失敗しないための2大ポイント

ムダ毛に悩まされないツルツル美肌を手に入れるためには、失敗しない永久脱毛を受けたいですよね。

そのために自分でできる、気をつけるべきポイントをご紹介します。 

信頼できるクリニックを選ぶ

永久脱毛で特に大事なのが

使用するレーザー脱毛機器
施術を行う人のテクニックや知識

この二つです。

レーザー脱毛機器は常に進化していて、脱毛の効果や痛みの軽減など永久脱毛しやすいようになっています。古い脱毛機器を使っていたり、肌やムダ毛の状態に合わせて脱毛機器を使い分けることができないようなクリニックは避けた方が良さそうです。

医師や看護師さんの技術については口コミや評判を参考にして、脱毛が上手なクリニックを選びましょう。

また、万が一肌トラブルになった時にもすぐに対応してもらえるように、保証や施術後のケアについても確認をしておくことを忘れずに。

クリニックによっては、施術後スキンケア用のクリームや薬などを用意してくれるところもあります。脱毛は施術を受けるその場だけのものではないので、脱毛をする人のことを考えた対応をしてくれるクリニックを選びたいですね。 

アフターケアをしっかりと行う

強いレーザーで毛乳頭を破壊するレーザー脱毛をした肌はとてもデリケートになっています。

クリニックで脱毛後のケアや過ごし方などについて説明がありますが、それをしっかり守ることが脱毛が失敗にならないために大切。 

脱毛後に気をつけること
・ほてったり赤みがある場合は冷やす
入浴は湯船に浸かるのは控えてシャワーで済ませる
紫外線に肌をさらさないように
激しい運動は控える
飲酒しない
肌の保湿をきちんと行う

火傷症状にはならなくても、レーザー脱毛をした肌は火傷に近いような状態。火傷や日焼けをした時と同じように、肌を冷やして落ち着かせます。

そして、日焼けした肌がカサカサしているのと同じで脱毛をした肌はとても乾燥しています。ほてりや赤みが引いた後はたっぷりと保湿をしてあげましょう。

肌に優しい成分の化粧水で水分を与え、乳液やクリームで肌の水分が蒸発するのを防ぎます。保湿には、肌の乾燥を促すと言われるアルコール(エタノール)が配合されていない化粧品を使うのがおすすめです。

また、血行が良くなりすぎるような行動は避けるのがマストなので、運動や飲酒、入浴などには十分気をつけましょう。 

まとめ

永久脱毛でキレイな肌になればムダ毛処理の手間が省けるだけでなく、自分に自信が持てるようになります。そんな永久脱毛は絶対に失敗したくないですよね。

永久脱毛がどんなものなのかを知って、納得できるクリニックで施術を受けることで永久脱毛の失敗を回避しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP