毛嚢炎を起こしたら?脱毛やムダ毛処理で荒れた肌のケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

 

毛嚢炎とは?

毛穴の奥の毛根を包んでいる毛嚢に細菌が入り、赤くなっていることを毛包炎と言いますが、そこから更に膿がたまって炎症を起こしている状態を毛嚢炎(もうのうえん)と言います。

毛包炎の段階では見た目がニキビと似ているので間違えやすいですが、ニキビに比べて毛嚢炎の方が小さくポツポツとしているのが特徴です。

膿がたまると白ニキビのような状態の毛嚢炎となり、更に奥まで化膿してしまうと大きさも広がり倦怠感や発熱といった風邪のような症状になってしまう事もあるのです。

毛嚢炎はどうして起こるの?原因菌について

毛嚢炎の原因となる細菌は皮膚にいるブドウ球菌という常在菌が多く、切り傷や刺し傷など肌がダメージを受けることで細菌が毛穴から入り込み毛包部位に侵入してしまいます。

普段は皮膚のバリア機能が細菌から侵入を守ってくれていますが、免疫が下がっていたり肌が傷付いたりする事で細菌が入り増殖して毛嚢炎となるのです。

脱毛のせいで毛嚢炎に?

光脱毛やレーザー脱毛などほぼ全ての脱毛は、毛の毛根部位に熱を加えムダ毛を薄くしていく方法なので少なからず毛根や毛包、表皮などお肌へもダメージが残ってしまいます。

そうなるとどうしても一時的に肌のバリア機能が下がってしまうので、その時に細菌が毛穴から侵入し毛嚢炎を引き起こしてしまうリスクがあるのです。

特にVIO部位は皮膚がデリケートなので毛嚢炎になりやすい為、少しでも違和感があったら中止するようにしましょう。

また、生理中や体調が悪い時に脱毛をしてしまうのも毛嚢炎へと繋がってしまいますので体調が万全の時に脱毛をするようにしましょう。

カミソリでのムダ毛処理で毛嚢炎になることも

ムダ毛を自己処理する際、カミソリを使って剃る方も多いと思います。何度かカミソリで自己処理をしていると、赤くポツポツと出来てしまった経験が1度はあるのではないでしょうか?

ニキビかなと勘違いをして特に気にしない場合もあるかと思いますが、実はその赤いポツポツはニキビではなく毛包炎、もしくは毛嚢炎なのです。

カミソリでの自己処理は思ってる以上にお肌への負担が大きく、時には深く剃りすぎて流血している場合もあるでしょう。そうしてダメージを受けた箇所から細菌が入り毛嚢炎となるのです。特に乾燥している人はダメージを受けやすいので毛嚢炎のリスクも高まります。

 

毛嚢炎を起こしたらどうすればいい?治し方を教えて!

毛嚢炎は痒みや痛みがそこまで無く、軽度であれば患部を清潔にし様子を見ても良いかと思います。

しかし少しでも痒みや痛み、違和感がある場合は皮膚科を受診しましょう。絶対に押し潰したり掻きむしったりはしないで下さい。患部が広がったり、奥まで細菌が入ってしまい更に悪化してしまいます。

また、脱毛後に毛嚢炎になってしまった場合、脱毛したサロンやクリニックに相談してみましょう。クリニックならお薬を処方してくれたりと適切な対処をしてくれますし、サロンであれば提携の病院を紹介してくれるのでしっかりと治すことができますよ。

 

毛嚢炎予防のためにあらかじめしておくべきこと

毛嚢炎のリスクを少しでも減らすために以下のことに気を付けてみましょう。

お肌が乾燥しないよう保湿をする

乾燥をしているとお肌のバリア機能も低下してしまうので、そこから細菌が入り毛嚢炎へと繋がってしまいます。ムダ毛の自己処理後や脱毛後は特にしっかりと保湿をし、普段から保湿クリームやローションなどお肌のケアを習慣づけるようにしましょう。

食事バランスや睡眠時間などの生活習慣に気をつける

ジャンクフードや偏った食事をしていると栄養バランスが崩れ肌荒れの原因となります。お肌の免疫を高めるためにも質の良い食事や内容、早寝早起きを心掛けましょう。

汗をかいたら必ず清潔なタオルで汗を拭く

不衛生にしていると細菌が増殖してしまいます。そうなると毛嚢炎になる確率も高くなりますので汗をかいたら清潔なタオルでこまめに拭きましょう。運動後などたくさん汗をかいた場合はシャワーを浴びた方がより衛生的です。

肌に身に付けるものはこまめに洗濯をする

汗をかいたらすぐに着替え、寝具などはこまめに天日干しをしましょう。忘れがちなのは枕カバー。寝ている時は思っている以上に汗をかいているので布団のシーツと一緒に枕カバーもこまめに洗濯をするようにしましょうね。

下着は通気性の良いものを、生理中はこまめにナプキンを変える

細菌は湿気が多いと繁殖する傾向にあるので、下着やナプキンで蒸れてしまうとどうしても細菌が繁殖し毛嚢炎のリスクが高まってしまいます。

下着や生理用品は通気性の良いものを選び、こまめにナプキンを変えるようにしましょう。

上記のことを普段から心掛けていけば毛嚢炎にもなりにくくなります。

何も難しいことではなく、お肌を衛生的にする事、乾燥させないために保湿を毎日することを気をつけていれば良いのです。お顔のスキンケアの何ら変わらないことですよね。

毛嚢炎にならないためにも注意していきましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP