カミソリ負けしないコツは?原因や対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

カミソリでムダ毛のお手入れをしていると起こってしまう「カミソリ負け」

剃ったあとの痒みや痛み、または目に見えて傷や吹き出物ができたりとカミソリ負けによりお肌が荒れてしまった経験をしている方も多いかと思います。

今回はそんなカミソリ負けの原因と注意点を詳しくお伝えしていきます!

またカミソリ負けで悩まないためにも医療機関で脱毛してもらうこともひとつの手です。

これ以上カミソリ負けで悩まない脱毛ライフを送れるようご紹介していきますね!

 

カミソリ負けの症状

 

カミソリ

 

カミソリ負けとは尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)とも言われ、一般的に

・肌の強い痒み
・ヒリつき
・肌や毛穴の赤み
・プツプツした吹き出物

というような症状があげられます。

特に敏感肌の方や、赤みの出やすい色白な肌の方はカミソリ負けを引き起こしやすいので注意が必要です。

 

カミソリで傷ついてしまう原因

 

長い間同じカミソリを使っている

長期間、同じカミソリを使っていると刃が欠けてしまったり、剃った毛が刃に詰まったり、サビてきたりと劣化が目立ってきます。

その様な劣化した状態のカミソリでムダ毛を剃る事は衛生面的にも良くありません。

ムダ毛を剃った後はお肌と同様、カミソリも綺麗にしてあげて下さい。
刃に付いたムダ毛を水で洗い流し、タオルでポンポンと優しく叩くように水分を取ってから湿気の少ない場所に保管しましょう。

また、刃が欠けたりサビたりしている刃はお肌に傷を付けやすいのですぐに使用をやめ必ず新しい刃に変えて剃るようにしましょう。

刃の交換目安は最低3週間です。欠けやサビが見当たらなくとも、目に見えない細菌が付着している事があるので3週間起きに刃を新しくして下さいね。

 

逆剃りしている

毛の流れに沿って剃っていても中々綺麗に剃れない時ってありますよね。
そんな時、毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」を何度もしていませんか?

普通に剃るより逆剃りをした方がより深く綺麗にムダ毛を剃ることが可能になりますが、お肌には良くない行為なのです。

何度も逆剃りをすると、お肌の表面にある角質層が傷付いてダメージがかなり掛かってしまうので、どうしてもここは気になる!という箇所のみ少しという程度に抑えておきましょう。

 

生理中も自己処理している

生理中や体調が優れない時は、肌がいつも以上に敏感になっているためカミソリ負けを引き起こしやすくなっています。
いつも通り剃っていても痛みを感じやすくなっていることもあります。

普段は肌トラブルもなく平気な人でも、生理中はお肌がデリケートになっており肌トラブルを引き起こしやすいので出来るだけ生理中の自己処理は控えましょう。

どうしても、という方は自己処理をした後は保湿を忘れずにして下さい。

 

カミソリ負けした時の対処法

 

悩み

 

気を付けていてもカミソリ負けをしてしまう事もありますよね。

もしカミソリ負けをしてしまったら、応急処置としてまずはワセリンやオロナインなどの市販の薬を使ってみるのも一つの手です。

それでも炎症が治らないようであれば、皮膚科で診てもらいましょう。

痒みがある場合は絶対にかかない。また、カミソリ負けが治っていない状態の上から再度カミソリで自己処理をするなど、下手に刺激を与えたりはしないで下さい。

 

カミソリ負けしないための予防

カミソリ負けは嫌だけど、自己処理を全くしないなんて考えられませんよね。

カミソリ負けをしないためにも自分で予防出来ることはいくつかありますので、普段のあなたの使い方と見比べて見直してみて下さい。

 

毛の流れに沿って剃る

逆剃りはせず、毛の流れに沿って剃ることでお肌への負担もかなり低くなります。

カミソリで自己処理をするとどうしてもお肌の角質層に多少なりとも負担がかかってしまいます。

外からの刺激物からお肌の内面を守ってくれている角質層ですが、この角質層が傷付いてしまうと肌トラブルへと繋がってしまうのです。

ですので逆剃りや、同じ箇所を剃りすぎないよう注意して毛の流れに沿った自己処理をしていきましょう。

肌をなるべく傷つけないようにする事が大事ですよ。

 

剃った後湯船に入らない

カミソリを使う場面。お風呂に入る直前、もしくはお風呂に入りながら剃っていませんか?

お風呂では体が温まり、毛穴が開いている状態です。汚れを落とす分には問題ありませんがムダ毛を剃るとなると別です。

開いた毛穴から細菌が入り、ポツポツと赤くお肌が荒れてしまいます。

また、お肌の皮膚が柔らかくなっている状態なのでお肌の表面の角質層を余計に削る形となり更に肌を傷付けてしまうのです。

それはお風呂上がりのお肌が柔らかくなっている状態の自己処理も同じ事です。

一番はすぐに入浴予定のない時間帯に自己処理をしましょう。

 

アフターケアを忘れずに

さあ自己処理が終わった!終了!

となっていませんか?カミソリで剃ったあとのお肌はとてもデリケートな状態となっているので必ず保湿をしてあげて下さいね。

この保湿を忘れてしまうと乾燥の原因となりカミソリ負けやニキビ、シワなど肌トラブルへと繋がっていくのでアフターケアはしっかりとしましょう!

また、カミソリで剃っている時にも痛みを感じる乾燥肌さんは、剃る前にも軽く乳液などで保湿をしてあげるとお肌の痛みも負担も減りますよ。

おすすめの脱毛クリニック

カミソリ負けを何度も繰り返してしまうと色素沈着を起こし肌が黒ずんだりしてしまいます。

特にワキやデリケートゾーンなどは黒ずみやすいので悩んでいる方も少なくありません。

ですので重度なカミソリ負けや、肌が傷付きやすい敏感肌な方にはクリニックで脱毛する事をお勧めしますよ。

医師の診察付きの脱毛クリニックなのでお肌を綺麗に保ちながら丁寧に施術してもらえます。

 

「湘南美容クリニック」

国内に71院ある日本最大級の規模を誇る湘南美容クリニック。

今までの来院数も多く、アトピーや敏感肌の人でも安心できる技術をもっています。肌が弱い方には最低出力で施してもらうことも可能です。

 

湘南美容クリニックの詳細を見る
湘南美容クリニックの口コミを見る

 

「フェミークリニック」

フェミークリニックには、なんと5台の脱毛機器が用意されています。1院につき2種類のクリニックが多い中、5種類は日本最大級の保有数です。

多種類な分、個人の毛質や肌質にあった機器で脱毛することが可能なので、敏感肌の人にも大人気のクリニックです。

 

フェミークリニックの詳細を見る
フェミークリニックの口コミを見る

 

まとめ

 

つるすべ

 

カミソリ負けの原因は、


・カミソリの劣化や逆剃りなど過度なお肌への負担
・毛穴が開いて細菌が入りやすくなっているお風呂場での自己処理

など誤った方法により引き起こしやすくなっています。

これを予防していくためにも、お肌には出来るだけ負担のない様に毛の流れに沿って剃り、剃った前後の入浴は控えることがポイントです。

それでもカミソリ負けをしやすい人や敏感肌、黒ずみなど肌トラブルに不安がある人は脱毛クリニックがおすすめですよ。

お肌のプロフェッショナルの診断付きなのでお肌を傷付けずに安心してムダ毛を綺麗にすることができます。

将来的にも長い目で見ると、カミソリで自己処理をするよりも断然脱毛クリニックで脱毛をした方がお肌へのダメージも少なく済みます。

是非一度カウンセリングへ足を運んでみて下さいね。カミソリ負けなんて嘘みたいに無くなります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP