VIO脱毛はもはや当たり前!?海外の驚くべき脱毛事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

最近はムダ毛の処理と言うと「脱毛」と答える日本人女性が増えてきていますよね。
このムダ毛の悩みは海外でも同じですが、脱毛に対する考え方は国によってもかなり違ってきます。

光脱毛、レーザー脱毛、ブラジリアンワックスetc……様々な種類の脱毛があるそんな中、日本の脱毛技術はかなり安全でとっても優れているんですよ。

今までは日本の脱毛のお話をしてきましたが、そうなると海外の脱毛も気になってきますよね。今回は海外のユニークな脱毛事情をお話ししていきたいと思います!!

目次



腕や脚よりVIO脱毛が重要

女性下腹部

日本人の脱毛はワキや腕、脚など見える箇所、人が目に付く箇所はしっかり脱毛する!という意識が強いですが、海外ではワキや腕よりもVIO脱毛を重要視する国が多いのです。

優先的に脱毛するのがVIO!?と驚く方も多いでしょう。日本だと「隠れてる場所だし別にやらなくても良いかな」という考えの人が割合的に多いので疑問に思いますよね。

世界に様々な文化がある様に、脱毛もその国によって考えが違ってくるのです。


アメリカやヨーロッパではVIOの処理は当たり前


アメリカ

あなたは“ハイジニーナ”という言葉を聞いたことがありますか?

ハイジ?ニーナ?誰かの名前...?

いえいえ、ハイジニーナとはVIOのデリケートゾーンのムダ毛が全く無い状態の事を言います。

「衛生」という意味のハイジーン(hygiene)からきている言葉で、アメリカやヨーロッパでは“ハイジニーナ”と呼ばれるほど清潔を保つためにデリケートゾーンの脱毛が一般的になっています。

ハイジニーナをしたあとにタトゥーを入れる方もいるくらいアンダーヘアのお手入れはオシャレ、エチケットとして行われていることです。

叶姉妹の恭子さんもハイジニーナに蝶のタトゥーを披露して話題となりましたね。凄く美しく、芸術だなぁと初めて見た時は驚きと感嘆でした。

ヨーロッパの中でもイギリスは特に脱毛に対する意識が高く、国民女性の殆どがムダ毛の処理をしていると言われています。

VIOは中心の毛を縦に細く残す“メトロチケット”という脱毛が主流です。

VIO含め、全身のムダ毛をそのままにしているなんて有り得ない!というほどストイックにムダ毛処理をしているので、イギリスに行く際はムダ毛の処理をしっかりしていきましょう。

逆にイタリアやフランスではVIO以外の脱毛はあまり気にしておらず、腕毛やわき毛は毛の濃さに関係無く普通に生えていたりします。

元々、日本人の様な黒くしっかりしたムダ毛というよりは金色に近いフワフワとした毛質という事もありあまり重要視されないのかもしれませんね。


中東・イスラム圏では男女ともVIOを処理


イスラム女性

中東やイスラムでは体毛は不浄であるという宗教上の理由から男女ともムダ毛を処理をしているのです。

また、暑い国ではムレ防止のために脱毛をしていることもあるでしょう。

日本でも暑い夏は蒸れて痒みが出てしまったりする事もありますよね。


VIO脱毛が浸透していないのはアジア圏だけ


アジア女性

他の国に比べてアジア圏はVIOのお手入れはそこまで関心が持たれていません。

特に中国はムダ毛の処理をする人の方が少ないのです。

そもそもムダ毛を“ムダな毛”という概念があまり無い為、中国では隣人のムダ毛がボーボーに生えていようが何ら問題のない事なのです。

また、台湾の人は元々の毛が少ないので脱毛への関心が低いと言われています。

ここ最近では少しずつ脱毛の習慣も取り入れられてきているようですが、やはり海外と比べると脱毛に対する意識は全く違ってきますね。

その中でも日本と韓国はアジアの中でも脱毛への意識は強い方です。韓国は美容大国とも言われるほど美肌な女性ばかりで、やはり脱毛をしている人も多いです。日本も目に見える箇所のムダ毛は気にして処理をする人が殆どですよね。

両国とも脱毛への意識は高いですが、それでも海外に比べるとVIO脱毛はまだ浸透していません。


海外の脱毛方法はブラジリアンワックスが主流!

ムダ毛のお手入れ方法にはカミソリや光脱毛、レーザー脱毛など様々な種類がありますが、海外の人はブラジリアンワックス脱毛が主流です。

日本でもブラジリアンワックスをしているサロンはありますが、カミソリや脱毛サロンへ通う人の方が多いかと思います。

ではなぜ海外ではブラジリアンワックスが人気なのでしょうか。


肌の色の違い


光脱毛やレーザー脱毛が黒い色素に反応するということは以前お話しましたよね。 なので、肌が黒いと火傷をしたり痒みが出たりと肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

海外は色々な人種の方がいて、肌の色も様々なため黒い肌には当てられない光脱毛やレーザー脱毛は流行らないのです。

また日本はデリケートな肌の人が多いので、強力な力で根本から引っこ抜くブラジリアンワックスは肌を傷めてしまう事もあります。


肌質の違い


肌の色と同様、人種によって肌質も違ってくるのはご存知でしたか?

皮脂量や水分量、メラニンの量などその人種で一人一人違ってくるのですが、特に黄色人種である日本人は肌の角質が薄くバリア機能が弱いと言われています。

ブラジリアンワックスは毛を抜くだけでなく肌表面の角質も取ってしまうので、元々角質の薄い人だと過剰に角質を取りすぎて、乾燥や肌トラブルの原因になることもあります。

勿論ブラジリアンワックスをしていても、しっかりお手入れをしていたり、元から肌の調子が良い人など肌トラブルとは無縁の方もいますので一概には言えません。


毛質の違い


ブラジリアンワックスを主流とする国の特徴は毛も薄く細い人が多いことでしょう。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニンに反応をする為、そういった色素が薄く細い毛には反応が悪いため抜け感もイマイチです。

一方日本人は海外に比べて毛が黒く、太くしっかりしているのでブラジリアンワックスはかなり痛みやすい傾向となります。

ですので日本では光脱毛やレーザー脱毛でムダ毛を処理する人が多くなってきますね。


日本人には日本人に合った脱毛方法を


お顔隠し

海外ではブラジリアンワックスが主流でも、日本人の肌質・毛質には脱毛サロンや医療クリニックで脱毛することが一番ベストでしょう!

日本の脱毛技術は海外に比べて安全性が高く、とっても嬉しい低価格となっています。

また海外に比べベッドやシーツ、タオルなどの衛生面もしっかり整っているので、感染症などの心配もなく脱毛することができます。

脱毛サロンでは痛みも少なく脱毛することができますし、クリニックなら医師の元で脱毛することができるので安心安全です。


日本人の肌に合う脱毛サロン・クリニック


日本人の肌質に合ったオススメのサロン・クリニックはこちら!


「キレイモ」


キレイモでは、国産の脱毛機器を使用しています。また、社員も全員機器を製造しているメーカーに訪れて研修を受けているため、安全な脱毛技術がそろったサロンです。


また、スリムアップ脱毛コースでは、毎回施術後にキレイモ限定の保湿ローションが塗布されます。こちらは保湿だけでなく、お肌全体をひきしめる効果があるので、同時に痩身にも期待できます。


キレイモの詳細を見る

キレイモの口コミを見る


「クレアクリニック」


クレアクリニックでは、東洋医学を用いて開発されたアーユルヴェーダという100%オーガニックのクリームを施術後に塗塗布します。脱毛であつかっているのはクレアクリニックだけで、バツグンの保湿効果が期待できると話題です♡


施術前にも一人一人に専用の電動シェーバーが配布されるため、衛生面でも安心のクリニックになっています。


クレアクリニックの詳細を見る

クレアクリニックの口コミを見る

どこも安心安全に美肌を手に入れることができますよ。


まとめ


アメリカやヨーロッパなどは“ハイジニーナ”と一般的にも言われるほどVIOの脱毛意識は高めだったり、ブラジリアンワックスが主流だったりと肌質や毛質によって脱毛事情は様々です。

ちなみにハイジニーナはぽんた的にもオススメですよ。完全なハイジニーナに抵抗がある方は、2回ほどハイジニーナで脱毛をして毛質を薄く柔らかくする方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP