脱毛サロンホーム > 襟足(うなじ)脱毛

襟足(うなじ)脱毛について

口コミ:71
襟足(うなじ)脱毛の写真

“襟足(うなじ)脱毛とは”

名前の通り、襟足(うなじ)を脱毛する事を指します。
襟足(うなじ)は自分で直接見えにくい部分なので、自己処理が難しい場所です。毛は比較的太く、再生力も高い為、きれいに処理するには、自己処理ではなく、医療機関や脱毛サロンで脱毛するのが最善の方法です。
脱毛サロンでは光脱毛で、医療機関などのクリニックでは医療用のレーザーを用いて施術する事が主流です。ただし、襟足(うなじ)は体の他の部分と比べると皮膚が薄く、痛みを感じやすい部分であるので、その事を覚悟しておいた方が良いでしょう。


“襟足(うなじ)ラインとは”

襟足(うなじ)ラインとは、脱毛するう襟足(うなじ)の形を決めるデザインの事であり、好みによって変えられます。

①同じ長さで整えるパッツンライン。
②両サイドが少し長めのライン。
③真ん中が長い自然なアーチライン。
④真ん中が短い自然なアーチライン。

上記に挙げたラインにも種類はあるので、自分に似合ったラインを見つけ、そのラインに整えましょう。


“施術回数は?”

施術完了の目安は医療機関で5~6回、脱毛サロンで1~2年です。期間や通いやすさ、金銭面なども考慮して選ぶようにしましょう。
毛周期に合わせて脱毛を行わないと効果がないので、 1つの部位の脱毛は毛の生えてくるサイクルに合わせて2~4ヶ月に1回の施術が必要になります。肌の調子を確認しながら、定期的に施術を受けましょう。

脱毛サロン店員が語るPoint!!

襟足(うなじ)脱毛の写真

“襟足(うなじ)脱毛手法”

襟足(うなじ)脱毛は、パーツで脱毛コースを設けている所と、全身脱毛の一部としてやっている所があります。
施術は、髪をまとめてうつぶせになり、ドーナツ型のまくらの間に顔をうずめる体制で行います。
この際、生え際に近くなればなるほど毛が濃くなるので痛みを感じやすくなりますが、医療機関では麻酔クリームを処方してくれるところもありますので、痛みに弱い方は施術担当者に相談しましょう。


“襟足(うなじ)脱毛手法による痛み対策”

肌が乾燥していると脱毛の時に痛みを感じやすくなります。
出力を上げる可能性が高い脱毛ほど保湿を普段からやっておけば痛みを軽減させることができます。
日ごろから、化粧水やクリームでうなじの保湿をしておくことをお薦めします。



多くの情報を比較検討する為にも、是非当サイト「脱毛サロンチェキ」に投稿された口コミ体験談をチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP