ホーム > 脱毛サロンコラム一覧 > 初心者向け!脱毛サロンで勧誘された時の断り方

初心者向け!脱毛サロンで勧誘された時の断り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

脱毛サロン未経験者の中には、「脱毛サロン=しつこく勧誘される」というイメージを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
かつてはイメージ通り、脱毛サロンといえば勧誘の嵐でした。しかし最近は、勧誘をすれはするほど顧客が遠のくことを知り、脱毛サロンもそこまでしつこく勧誘してこなくなったそうです。

今回は、「初心者向け!しつこく勧誘されたときの正しい断り方」をご紹介します。

最近の勧誘事情

最近は、脱毛サロンの店舗数が急激に増加してきています。そのため、しつこい勧誘をすればするほど顧客が遠のき、最悪、経営難に至ってしまう場合も。しかしながら、未だにしつこい勧誘をしてくる脱毛サロンは残念ながら存在します。

回数を重ねれば重ねるほど、勧誘の度合が強まっていくケースもあるほど。「お得なキャンペーン」で新規顧客を引きつけ、言葉巧みに、高いコースに変更させたり、本来必要のない美容アイテムの購入をすすめたりなど、サロンによって手法は様々です。しつこい勧誘はひどくならないうちにハッキリと断るべきです。

では、具体的にはどんな断り方があるのでしょうか。

断り方のポイント

脱毛サロンに通うのであれば、勧誘の正しい断り方を身につけておく必要があります。勧誘を上手に断るうえで最も重要なのが、ハッキリと「いらない」と断ることです。遠まわしに不要であることを伝えても、言葉巧みに操られてしまうだけ。

脱毛を行っていない場所の施術をすすめられた場合は、「そこはあまり気にしていないので、大丈夫です。要りません!」とハッキリお断りしましょう。どんなにしつこく勧誘されても、自分にとって不要なものであるならば、キッパリ、「NO!」と意思表示を。

超使える!困ったときのフレーズ集

しつこく勧誘されてしまったときは、以下のフレーズを活用してみましょう!

スタッフ:「別の部位もいかがですか?」
自分:「親や家族に聞いてみないと分からないので」

親や家族を理由に、不要な施術はキッパリと断りましょう。今、仕事中なので確認も取れなくてとつけ加えておくとGOOD!

スタッフ:「高いコースのご案内もございまして」
自分:「すみません、もう時間がないんです。」

何度断っても勧誘してくる場合は、予定がなくても、この後予定があると伝えてしまいましょう。「○時にもう待ち合わせしていて」と、急いでいることをアピールしてみるのもOK。

スタッフ:カウンセリング後に「おススメの美容アイテムいかがですか?」
自分:「勧誘してくるところ、苦手なんですよね。」

はっきりと自分の意見を伝えるのも賢い方法。勧誘している側も、「しつこさ」は認識しているはずなので、「苦手」「嫌い」と意思表示してあげるといいでしょう。

勧誘してくる前に「前に通っていたサロンでしつこい勧誘にあって散々でした」と、世間話で釘をさしておく。

勧誘してきそうな気配に気づいたら、世間話をするように「勧誘するな」と釘をさしておくのも一つの手段。「勧誘されたら契約しない」と、予防線を張っておきましょう。

無料体験で施術を受けるときは「色々なサロンで試していて、勧誘してくるところは断っています」と勧誘してくる前にお断り。

色々試していますだけでは、相手の思うツボに。勧誘してきた時点で断っていますとさりげなく伝えておくことで、しつこい勧誘を避けることができます。相手のプライドを傷つけることなく断れるので、つかいやすいフレーズです。

「初心者向け!しつこく勧誘されたときの正しい断り方」いかがでしたか?勧誘されたときは、「受け身」ではなく「攻め」の姿勢を忘れずに。トラブルに巻き込まれないためにも、しっかり断りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP