ホーム > 脱毛サロンコラム一覧 > 自宅でできちゃう!?脱毛のセルフケア方法

自宅でできちゃう!?脱毛のセルフケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

脱毛サロンに通いたいけど、お金が貯まるまでは我慢。しかし、現実は体毛が濃くなっていくばかり……。こんなとき、自宅で脱毛ができたら便利ですよね。
最近は、様々な脱毛・除毛グッズが販売されており、サロンに通わずともセルフケアができるようになりました。ただ、自分で脱毛をするからには色々と注意しなければいけないことも。

今回は「自宅でできちゃう!?脱毛のセルフケア方法」をご紹介します。

知っておくべき脱毛の3ヵ条

① 抜くより剃る

② 脱毛後のお手入れも忘れずに

③ 体調不良や生理前は避ける

脱毛方法で一番負担が軽いといわれているのがカミソリで剃る方法。毛を抜いて脱毛する人がいますが、毛の根っこをひきちぎっているため、毛穴の奥で出血している場合もあります。
また、脱毛後はそのまま放置しておくのではなく、クールダウンも兼ねてお肌を冷やすようにしましょう。風邪をひいたときや生理前に脱毛をしてしまうと、肌トラブルに繋がる可能性が。体調を万全に整えて、お肌のお手入れをしていきましょう!

ツール別!セルフケアの注意点

脱毛のセルフケアには様々なツールがあります。しかし、それぞれのツールを使用する際には注意点も。

毛抜き

毛抜きは肌への負担が最も大きいセルフケア方法です。新しく生える毛が埋没毛になってしまったり、毛穴が開きっぱなしの状態になってしまう可能性も。毛抜きを使用する際は、空いている指をつかって毛穴を開きながら、脱毛していきましょう。

カミソリ

お風呂上がりなど肌がふやけている状態で使用してはいけません。必ずセルフケアする前に脱毛クリームを塗り、お手入れした後は保湿するようにしましょう。

除毛クリーム

人によっては肌荒れを起こしてしまう場合もあります。刺激を感じたらすぐに使用を中止し、セルフケアをストップしておきましょう。クリームを落とすときはゴシゴシ洗うのではなく、肌に軽く触れる程度でOK。

家庭用脱毛器

強い光が出るタイプの脱毛器は、サングラスなどの着用を忘れずに。セルフケアの前後は必ず肌を冷やすようにしましょう。保湿クリームで肌の状態を整えておくことも忘れずに。

正しい脱毛方法とは

正しい脱毛方法は以下の順番通り。

処理する前の準備

肌への負担を最小限におさえるために、薬品を使用して脱毛するときは、必ずパッチテストを行いましょう。パッチテストは処理する1~2日前までに終えておくのが理想。
また、処理する部分に傷がないか、肌荒れを起こしていないか、肌の状態を確認しておきましょう。女性ホルモンの周期によっては、肌荒れを起こしやすくなってしまう場合もあるので、月経前や生理中は避けるように。

処理中

カミソリで剃るときは、毛の流れに沿って剃ります。脱毛テープやワックスの場合は、毛の流れとは逆に脱毛を行うことがありますが、基本的には毛の流れのまま剃っていきます。

処理後のお手入れ

自己処理後は、肌が炎症を起こしやすくなっています。そのため、ボディーシャンプーや石鹸で身体をごしごし洗ったり、刺激の強い入浴剤を使用するのは避けましょう。
脱毛後、肌の保湿を保つために化粧水や保湿クリームを使用しますが、場合によっては、それさえも「刺激」になってしまう可能性が。低刺激の保湿剤でお手入れをし、肌に異常があらわれたらすぐ医療機関を受診するようにしましょう。

自分でお手入れできない場所はプロに相談

乳首の周りやおへそなど、自分ではお手入れしづらい場所がありますよね。そんなときは、脱毛サロンのエスティシャンにお任せしましょう。セルフケアを行いつつ、プロの手もお借りして「美ボディ」をキープしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP