ホーム > 脱毛サロンコラム一覧 > 資格がなくても脱毛はできる!安全なサロンの選び方を伝授

資格がなくても脱毛はできる!安全なサロンの選び方を伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

こんにちは!元エステティシャンのぽんたです!


脱毛と一つにくくっても、色々な種類がありますよね。最近はブラジリアンワックスを使った脱毛も流行っていますよね。

名前は聞いたことがあっても、どんな違いがあるか知っていますか??


全ての脱毛が資格を必要としないのですが、果たして、資格がなくてもできる脱毛は危険なのでしょうか??

今回は、たとえ資格が必要ない脱毛でも、より安心できるサロン選びのポイントも教えちゃいますね!!




脱毛ってどんな種類があるの??

足の写真

まず初めに、脱毛といってもいくつかの種類に分けられます。それぞれの特徴を簡単に説明していきますね。


光脱毛(フラッシュ脱毛)

エステサロンで扱っている脱毛(厳密には減毛)の多くが、この光脱毛です。

仕組みとしては光が黒い色素に反応をし、徐々に毛を薄くしていく効果があります。一番痛みの少ない脱毛方法で、料金もリーズナブルなキャンペーンをやっているところが多いので、脱毛初心者でも気軽に通いやすいです。



レーザー脱毛

医療機関での脱毛なので、エステサロンではなくクリニックでの施術となります。

光脱毛よりも出力が高いレーザー光を用いるため、光脱毛より痛みは強いですが、たいていのクリニックでは麻酔クリームなどで痛みを軽減できます。光脱毛より料金は若干高めですが、最近は脱毛サロンと同じくらいの安い料金のクリニックも増えています!



ニードル脱毛

こちらは20年ほど前からある脱毛方法で、いわゆる脱毛の元祖ですね。

毛穴一本一本に針を刺して電流を流すので、フラッシュやレーザーに比べて結構な痛みが…私は未経験ですが、これ下手くそなスタッフに当たると相当痛いんだとか。ヒェ~!!

その分と言ってはなんですが、通常光脱毛やレーザー脱毛では脱毛できない色素沈着部分やほくろ上のムダ毛、タトゥー部分もニードルであれば脱毛可能です。

ニードル脱毛の中でもいくつかの種類に分けられており、その中の『絶縁針』という脱毛方法は医療行為になるので、エステサロンでの取り扱いはNGなのです。気になるなら、麻酔を取り扱っているクリニックを事前に調べておきましょう。



ワックス脱毛(ブラジリアン脱毛)

脱毛専用のワックスをお肌に塗り、その上にシートを被せて一気にベリッと剥がすことでムダ毛が毛根から抜けます。

毛根から毛を抜くので、ある程度の痛みはありますが、回数を重ねる内に痛みも軽減されていきますのでご安心を!

光脱毛やレーザー脱毛と違ってムダ毛の色は関係がないので、色素の薄い欧米の方達の間ではこのワックス脱毛が主流となっています。最近、日本でも徐々に扱っているサロンも増えてきたので、聞いたことがある人も多いかもですね。



無資格でもできる脱毛もあるって知ってた?

女医の写真

様々な脱毛方法を紹介しましたが、この中でも施術に資格が必要であるもの、そうでないものがあるんです。


【資格が必要な脱毛】
・レーザー脱毛(医療免許)
・絶縁針を用いたニードル脱毛 (医療免許)

【資格不必要な脱毛】
・光脱毛(フラッシュ脱毛)
・ワックス脱毛
・絶縁針以外のニードル脱毛

資格が必要なものに関しては医療行為が行われるので、エステサロンではなくクリニックでの脱毛になり、医師や看護士しか施術は出来ません。

反対に資格が必要でないものは、脱毛サロンで扱われます。



無資格で脱毛できるところは危険なの?

研修する女性の写真

じゃあ資格が必要でない所は危ないの?

そう不安になりますよね。


多くのサロンでは、実際にお客様を担当する前に会社で研修が行われます。その期間はサロンによって様々ですが、約1~3ヶ月くらいです。

サロンで雑用などの勤務をしながら、週2回ほどは研修室で勉強会という研修方法や、研修が終わるまでは実際にサロンでは勤務しない研修方法などこれもサロンによって違ってきます。


さらに、研修が無事に終了してからも、新人は上司や同期の身体を借りて実践練習を重ねます。

そして、そこで上司にOKをもらえて、初めてお客様の施術に入れるのです。

正直、練習台として身体を貸す側の時は「無料で脱毛できるラッキー☆」と思ってました(笑)


『エステサロンでの脱毛は危険?』と思った方も、実際に現場で施術しているスタッフは、しっかりと研修を受けていますので安心して下さいね。



不安な方必見!安心な脱毛サロンの見分け方

求人や履歴書の写真

それでも不安…という方!


これは私個人的なエステサロンの選び方なのですが、
気になるサロンがある場合は、まずネットでそのサロンの求人情報を調べるのです。


求人情報に載っている研修内容や時間、方法などをチェックします。しっかりとした研修をしているサロンであれば、今の時代なら情報も簡単に調べることができるでしょう。

大手サロンでない場合は研修内容を調べても出てこない場合があります。なので、サロン自体のHPを見て、「○○日は全体研修のためお休み」など、定期的に勉強の為にお休みを取っているサロンは、信頼性があるかなと私は判断します。


しかし!!研修を受けているはずなのに、知識や技術力が乏しいエステティシャンもいる訳です。

ニードル脱毛で毎回出血をし肌がボロボロになってしまった方や、光脱毛で火傷をした方など…綺麗になりたくて脱毛したのに、逆に素肌を出せなくなった!と泣いている方も見たことがあります。


昔ほどトラブルも少なくなってきましたが、それでも今でもトラブルゼロとは言えません。

エステサロンでの脱毛は資格が必要ないからこそ、エステティシャン側は、よりプロ意識をしっかりと持たなくてはいけないんです。



ちょっとでも不満が出たらちゃんと伝えるべし!

不満の電話をする女性の写真

もしあなたが通っている、または通い始めるサロンで、「このスタッフに入ってもらうのは嫌だな」と少しでも不安に感じたのであれば、サロン側にしっかりと伝えることが大事です。

指名制度がないサロンでも「○○さん以外で」「この間入ったスタッフ以外で」と予約時に一緒に伝えると、ほとんどのサロンではそのスタッフを外してくれるはずです。

外されたスタッフは「どうしてだろう」と思うかもしれません。

しかしそれはスタッフにとっても施術内容や知識、接客態度などを改めて考え直すきっかけにも繋がりますので、それを言って気まずいな、と思わずに遠慮無く伝えてみて下さいね。


世の中には沢山の脱毛サロンがあるからこそ、賢く楽しく通っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP