ホーム > 脱毛サロンコラム一覧 > 【嫌われる客とは?】ブラックリスト入りが嫌な人必見

【嫌われる客とは?】ブラックリスト入りが嫌な人必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛サロンコラム写真

こんにちは!元エステティシャンのぽんたです。


当たり前の話ですが、エステに通う人は、性格や見た目だけでなく、職種や趣味もすべてが百人百様。本当に色んな人が来ます。

仕事とはいえエステティシャンも人間なので、『好きなお客様・嫌いなお客様』も出てくるわけです。

同じ通うなら、嫌われるよりも好かれたいですよね!



そこで今回は、エステティシャンに嫌われてしまう人の話をしていきたいと思います。

あなたは嫌われるお客さんになっていませんか?

このコラムを読んで、気持ち良くエステに通いましょう!!





遅刻癖のある人は要注意!損するのはあなた!!

寝坊した女性の写真

遅刻は、エステに限らず、どこの社会でも嫌われる対象ではないでしょうか。


事前に連絡をくれたり稀な遅刻なら許容範囲ですが、連絡もなく遅刻をしてきたり毎回遅刻される人はかなり問題児です。


無断でキャンセルなんてのは論外!

そんな人いるの?って思うかもしれませんが、実際、新規のキャンペーンだと特に、連絡もなくドタキャンする人、連絡がつかない人は結構いるんです。


お客様一人一人、時間を区切って予約を取っている訳ですから、予約の時間に遅れてくると施術内容も変わってきてしまいます。せっかく一人一人に合ったコースを組んでも、時間が無ければ思うような効果を出してあげることもできません。

「次のお客様は…あ、○○さんか。どうせまた遅刻してくるんだろうなぁ」とエステティシャンのやる気も半減してしまいます。


もちろん、急な用事だったり体調が悪くてどうしても連絡ができなかったという場合もあるでしょう。その時はたとえ後日でも連絡を入れてください。 そうすれば、エステサロン側も次回快く施術できるものです。



しかし、遅刻常習犯に限って、遅れて来ても普通に「こんにちは~」って感じなんですよね。

え?時間勘違いしてた?と思っても、本人は予約の時間はしっかりと分かってるんです…。


「ちょっと遅れちゃいましたけど、急ぎ目でいいんで、いつものコースお願いできますよね??」って。

いやいや、30分以上の遅刻は全然ちょっとじゃないですからってキレそうになっちゃいます!本当に社会的常識が欠けている人って結構いるんだなって、エステティシャンになってビックリしました。


遅刻しないための大前提
無理なスケジュールで予約を取らないこと!
朝が苦手なら、午前中の予約は入れないのが無難!
予約時間に遅れそうならサロンに連絡を入れること!

たった一本の電話で、エステティシャンへの印象はガラリと変わるものなんです。
遅刻しそうなときは、必ず連絡を入れるようにしましょう。


魔法使いではない!非常識なクレーマーは100%嫌われる

魔法使いの写真

エステサロンのおかげで体重が減った、くびれができたなど嬉しい言葉もたくさん貰えますが、その反対にクレームも少なくないのがエステ業界。

クレームを言われたら、エステティシャンも真剣に改善方法を考えていきますが、中には、「いやいやいやぁ…」と心の中で苦笑いをしてしまうクレームも多くあります。


例えば、
全く痩せない!とクレームしてきた人には、まず直近2、3日の食事内容を聞くのですが、たいていはヒドイ食生活なんです。

ファーストフードばかりだったり、スナック菓子や甘い物の間食が多かったり…

そういう人って、「エステに通ってるんだから大丈夫かと思って」とキレ気味に言ってくるんです…。


「あなた綺麗に痩せる気がありますか?」と思わず言いたくなります。そんなモチベーションでは、リバウンド確定です。

普段から食事指導や家でできる運動などを教えているので、それを無視されるのは教え甲斐もありません。



自分自身が「綺麗になりたい!」と思って、普段から少しでも努力してくれる人の方が、エステティシャンも「一緒に頑張りましょう!」と更に燃えるものです。


努力もせずに全部人任せでダラしない私生活をしているのに、クレームだけは一丁前な人には心底呆れてしまいます。


ごめんなさい!エステティシャンは魔法使いではありませんからね…!!



勧誘されたくない人必見!強気な態度は逆効果!

強気の女性の写真

最近増えてきているのが、勧誘をされないようにとエステティシャンに対して強気な態度の人!

「勧誘されたくない」という気持ちはすごーく分かります。


でも、まず初めに、勧誘しないエステサロンだって、世の中には存在します!!

勧誘しないサロンで最初からオラオラな態度をすると、エステティシャンも引いてしまい必要以上に関わりたくないと思ってしまいます。


「私はエステ業界に友達もいるから~、エステってこうなんでしょう?」みたいに、変にエステの知識を披露したりされるのも、これまた苦笑いです。



そんなに気を張らずに、少しリラックスして友達と会うような感覚の方がエステティシャン側も好感が持てます。

勧誘されたくない人も、勧誘モードに入られたときに、少し強気の態度で断るくらいのスタンスで十分ですよ。

それまでは自然体が一番です!



人見知りのための、エステティシャン攻略法

エステで寝ている写真

緊張して冷たい態度をとってしまう…という人見知りの人も、最初に「私人見知りなんです…。」と言っておいた方がエステティシャンも対応しやすいです。通って行くうちに慣れてくれたら嬉しいなぁという気持ちで接することもできます。

人見知りということを言っておかないと、この人素気ないなとエステティシャンにも苦手意識が芽生えてしまいます。


自然体が一番好感度も高く、もっと綺麗になって貰いたい!とエステティシャンも気合いが入ります。


そうしたいけど、緊張してしまうと言動がおかしくなってしまい自然体が難しい人もいますよね。

どうしても無理…まだ慣れない…

そんな人はズバリ!
施術中は寝ちゃいましょう!



シーン…という沈黙が嫌だ!と思う人もいますが、エステティシャン側は特に気にしてはいません。

「最近忙しかったから寝ちゃうかもしれないです」など言っておきましょう。寝付けなくても目を閉じていれば、エステティシャンも寝てると思って無理に話しかけてはこなくなります。

そして施術後、「ゆっくりできました!ありがとう」と伝えれば、それだけで好感度は上がるんです。



無理に話そうとせず、肩の力を抜いて癒やされにエステサロンに行きましょう。

そして少しずつコミュニケーションを取れるようにしていけば、エステティシャンに嫌われることはありません。



エステティシャンだって人間です!!

ハートの写真

エステティシャンもあなたと同じ、感情を持った普通の人間です。

もちろんお客様第一ですが、ストレス解消のはけ口にされたり非常識な行動をされたりすると、『お客様は神様』とは思えなくなってしまいます。


せっかくお金を出してエステに通っているのだから、気持ちの良い環境で最高の接客を受けたいですよね。


気を遣えとは言いませんが、一般的な常識を忘れずにハッピーに綺麗になっていきましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP